北上市 歯科 北上市役所前 とも歯科クリニック

入れ歯

義歯(入れ歯)治療とは

義歯(入れ歯)治療とは
義歯(入れ歯)に対して、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。老化の象徴、ととらえてしまってはいないでしょうか。

歯の健康は、私たちが思っている以上に、日常の生活に密接に結びつき、その生活の質を大きく左右します。入れ歯の治療を行うことで、噛み合わせがよくなり、しっかりと咀嚼をできるようになった結果、口の運動につながり、おしゃべりもできて生活に活気が出たという例は少なくないのです。特に噛み合わせについては、食べる楽しみが増えるだけでなく、認知症治療にも好影響があると言われています。

料金はそれなりにかかってしまいますが、それ以上に、使う方やその家族の方の健康と幸せに貢献してくれると言えるでしょう。

噛むことと認知症の関係

噛むことと認知症の関係
よく噛むことは、認知症の予防にもつながります。
ものを噛むと、歯根にある歯根膜という部分から脳に刺激が伝わり、感覚・運動・記憶・思考・意欲などをつかさどる部位を活性化することが科学的に証明されています。
逆に言えば、噛めない歯だと認知症になるリスクが高くなるってしまうということです。

ある国内で行った調査によると、歯の数が少ない人ほど、海馬付近の容積が減少し、意志や思考など高次の脳機能に関連する前頭葉などの容積も減っていることが分かっています。

自分の歯を失ってしまったという方でも、義歯(入れ歯)やインプラントを入れることで噛む機能を回復させることができます。
入れ歯で重要なのは、「自分の口に合っているかどうか」です。現在使っている入れ歯が合わないという方は、なるべく早く歯医者に行くことをお勧めします。

入れ歯の種類

クラスプ義歯

クラスプ義歯
バネがある部分入れ歯のことをクラスプ義歯といいます。バネ以外の部分はプラスチックでできており、失った歯や残った歯の形に合わせて、患者様ごとにオーダーメイドで作製することができます。

バネがあることで固定され、入れ歯が沈み込みしにくく噛んだときに安定感があります。バネは使っているうちにゆるんでしまうので、定期的に健診を受けて締めてもらうことで、外れにくくなります。

レジン床義歯 – 保険適応 -

レジン床義歯 – 保険適応 -
レジン床義歯はレジンと呼ばれるプラスチックでできた一般的な入れ歯のことをいいます。
保険適応のため、できることなら費用は安く抑えたいと考えている方におすすめです。
入れ歯にも様々な種類があり、自由診療のものはより快適な使い心地が期待できますが、保険適応でも噛むという観点からは問題のない仕上がりとなります。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯
通常の部分入れ歯は金属製のバネ状の止め具で保持していますが、健康な歯を削る必要がありました。また金属アレルギーのある方には使用できず、口を開いたときに金属の部分が見えるなどの難点がありました。

その点、ノンクラスプ義歯はプラスチック製の義歯床(人工歯の土台で見た目は歯茎)を使用しているため、健康な歯を削ることもなく、安心して使用することができます。
審美的にも大変優れており、口元に自信が持てるようになります。

フレキサイトデンチャー

フレキサイトデンチャー
従来の義歯には歯と固定するバネがありますが、素材に金属を使用するため審美性に難点がありました。

フレキサイトデンチャーは使用する素材も普通のものより強いプラスチックを使い、見える部分に金属を使用しないため強度的にも審美的にも優れています。

フレキサイトデンチャー症例

装着前

装着前

装着後

装着後

義歯(入れ歯)の清掃について

義歯(入れ歯)の清掃について
歯にプラークが付着し、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。
入れ歯を掃除しないと歯間に食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。

【入れ歯の清掃ポイント】
①食後は流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。
②就寝前は洗浄剤を使用した水につけておく。

入れ歯を磨く時は、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするように心がけましょう。

料金表


フレキサイトデンチャー
100,000円~120,000円(税別)